カメラ・ビデオカメラ・ドローンレンタル
カメラ・ビデオカメラ・
ドローンレンタル

ドローン空撮 株式会社協和産業 業務用ビデオカメラレンタル・ドローンレンタル

  • 06-6633-5400
  • 03-3351-3600
アクセスマップ
  • 大阪
  • 東京
  • お問い合わせ・資料請求



空撮をもっと身近に! 協和産業のドローン撮影 空撮で今までにない演出を

ドローン撮影って手続きとか大変そう・・・

  • 空撮は費⽤が⾼いイメージ・・・
  • ドローンの⾶⾏⼿続きって⼤変って聞くけど・・・
  • 落下事故とかニュースでみるけど ⼤丈夫なの??
  • 屋根の点検や建物の測量にも便利って聞いたけど本当?
  • イベントPVや新しい施設の紹介動画が作りたい!
  • 記念撮影やパンフレット⽤の 写真もお願いできるの?

そんな方には

ドローンのプロがご要望にお応えします!

  • point1 実績に基づいた空撮技術 ドローン撮影のプロたちが空撮技術と安全性の担保をお約束します!
  • point2 適切な料⾦体系 撮影内容・場所などの条件でアレンジ可能!
  • point3 万全な安全対策 関係各所との調整、国⼟交通省への申請までお任せください!

point1 SKILL

実績に基づいた空撮技術

DJI公認インストラクター、JUIDA公認講師、FAA操縦⼠(⽶国免許)を中⼼に、
ドローン撮影のプロ達が空撮技術と安全性の担保を約束します。

ドローン撮影例

  • TV・CM・映画撮影
  • 観光PR・企業PR空撮
  • ⼯事現場・定点観測・測量
  • イベント・スポーツ・結婚式撮影
  • 不動産・眺望空撮
  • 集合写真空撮

point2 PRICE

ご予算に合わせた適切な料⾦体系

1)希望の映像と、予算に合う機材を提案
2)全国の事業展開で、交通費を安価にすることで、適切な料⾦体制が築かれています。

写真のみ 69,800円〜 スチール撮影に強みのある操縦⼠が、パンフレット/額縁写真に対応した写真撮影をいたします。撮影⾓度・撮影⾼度を現地の状況に応じて、最適な画⾓で「最⾼の空撮写真」の納品をいたします。 写真・動画 89,800円〜 映像撮影に強みのある操縦⼠が、TV/CMレベルの⾼い⽔準での空撮をいたします。
解像度 1200万画素〜2000万画素 写真:2000万画素〜5060万画素
動画: FullHD 〜4K60p 〜6K 〜
   8Kまで
撮影箇所 1箇所/3時間まで 2箇所/半⽇〜
枚数 無制限(時間内において) 無制限(時間内において)
場所 ⽇本全国どこでも
※ 離島は別途交通費
⽇本全国どこでも
※ 離島は別途交通費
操縦⼠ 各種認定資格を所有している
弊社参画操縦⼠
(ex,DJIインストラクターなど)
各種認定資格を所有している
弊社参画操縦⼠
(ex,DJIインストラクターなど)
国⼟交通省許可 弊社が⼀括で取得
※全ての操縦⼠は年間包括
許可を取得しています。
弊社が⼀括で取得
※全ての操縦⼠は年間包括
許可を取得しています。
関係各所調整 弊社にて⼀貫で調整 弊社にて⼀貫で調整

※上記金額はあくまで目安です。
予算などもあると思いますので金額についてはお気軽にご相談下さい。

point3 SAFETY

万全な安全対策

関係各所との調整、国⼟交通省への申請まで⼀通り弊社にお任せ下さい。
操縦⼠が⾃ら許可周りの調整をいたします。*国⼟交通省より全国包括許可取得済み。

  • 業務⽤損害保険の10億円加⼊

    すべての操縦⼠が、業務⽤の保険に加⼊しております。我々は万全の安全体制の下、撮影を実施しておりますが、万⼀の際に備え最⾼額での賠償保険に加⼊しています。また機体保険にも加⼊を完了しています。

  • 法的状況の確認・関係各所との調整

    航空法(国⼟交通省+空港事務所)への許可、関係各所(警察/消防署/⾃治体/海上保安庁/公園緑地課/⼟地所有者、などが⼀例として挙げられます)への調整を⾏います。通常許可のおりない撮影も弊社であれば、調整できることも多いです。

ドローン機材

  • Phantom4 Pro 世界最大手メーカーDJIの最新小型機 「Phantom4 Pro」、 高水準の障害物センサーを搭載し、 最も安全なドローンの一つです。 FullHD 60fpsも可能。
  • Inspire2 | 5.2K 世界最⼤⼿メーカーDJIの最新中型機 「Inspire2」、過去、⼤型機で⾏われて いたシネマレベルの映像を中型機で 初めて実現した機体です。5,2Kまで 収録可能。
  • Matrice600 Pro | 8K 世界最⼤⼿メーカーDJIの最新⼤型機は、 空撮⽤として、最もパワフルな機体の ⼀つです。Ronin MX(ジンバル)を使⽤し、 シネマカメラの搭載が可能。

ご利⽤の流れ

  1. step1

    お問合せ
    撮影希望⽇・撮影場所・撮影対象・利⽤⽬的などをご記⼊の上、
    お問い合わせください。
    詳細が未定の場合、まずはご相談頂ければ、弊社担当がお客様のご要望に 沿った空撮プランを提案いたします。
    ご依頼シートはコチラから
  2. step2

    担当者と打ち合わせ
    担当者が各案件に最適な機材(ドローン/カメラ)、
    空撮プランをご提案いたします。お打ち合わせ内容をベースに、 弊社からお⾒積もりを提出いたします。
    過去の作品から完成イメージもご提⽰できますので、
    予算とクオリティを⽐較してご検討ください。
    お⾒積もり内容にご納得下されば、正式にご発注となります。
  3. step3

    ⾶⾏届等各関係者への申請・調整
    ドローンのフライト前には、国⼟交通省の定める法規に則り、
    ⾶⾏届けを出すだけでなく、
    ①⼟地の所有者(個⼈、団体、河川事務局等)の⽅への許可、
    ②その⼟地の周辺の⽅々や、県庁・市役所・観光協会・警察消防へ事前連絡が必要です。
    経験豊富な担当者が安全なフライトをサポートいたします。
  4. step4

    現地で空撮
    DJI公認インストラクターを中⼼とする、ドローン業界を代表する
    ドローンカメラマンが現地に伺い空撮を⾏います。
    同時に安全監視員が派遣され、安⼼/安全な空撮を徹底して
    実現していきます。
    ※ ⽇本全国どこにでも、弊社最寄りの事務所から操縦⼠(パイロット)
    が伺います。
  5. step5

    納品
    まず、撮影した動画を専任の担当がチェックします。
    またお客様のご要望に沿って、弊社の動画制作担当者があなたの
    希望通りの作品に仕上げていきます。
    納品につきましては、オンラインでの納品となります。
    ※ 現地でのSDカードでの納品は事前にご希望の旨をお伝えくださいませ。

お問い合わせはこちら

トップに戻る